とんぼや

オリジナル楽曲紹介、楽曲ジャケット、写真、そのほか

0930

ルリタテハの家で、毛布にくるまって  

【注】4枚目以外は加工写真です。

P9291997b.jpg


9月29日

 接近してきた虫を追い払おうとめまぐるしい動きをくりかえしたルリタテハのサナギが、あれから8日目のきょう、羽化した。
 このまえの羽化のように、腹部にあらわれる横縞の線は白っぽくならず、黒にちかい焦げ茶のままだった。
 しかし、庭からビンに移し変えたサナギは、一枚のホトトギスの葉の裏でますますスリムになり、来たるべき時間に合わせてキリキリとぜんまいを巻き絞っているような様相であった。

 けさは、雨が降ってくる前に小貝川の土手までいかなければならなかった。
 ジャコウアゲハの幼虫の食草、ウマノスズクサを補給する必要があった。
 ルリタテハはすべてサナギになっていた。幼虫はいない。食草ホトトギスはもう要らない。


P9291997c.jpg



 9月とは思えぬ寒い朝だ。バイクで4キロばかりの道を走る。
 ルリタテハの羽化が始まらないかと気がかりだ。
 サナギから出てくる蝶を撮りたい。準備はしてある。
 いつ始まるか、予測がつかない。これまで何度も見逃している。
 いつでも、気づくと羽化が終了している。


P9291997d2.jpg



 8時前には雨が降ってきた。早朝の小貝川行きは正解だった。
 期待の羽化の気配はなかった。
 しかし、屋外の飼育ケースのルリタテハが一匹、羽化していた。雨のなかの羽化だった。
 蝶は天候など選ばずに羽化するのだ。
 9月の雨だが、つめたい雨だ。
 ぬれて生まれて、またぬれるのだ。
 羽を乾かすどころではないとみえる。
 血に似た褐色の体液をいくたびとなくしたたらせながら、羽が乾くのをこの生きものは待たなければならない。
 雨は、ケースの金網の底を染めた蝶の体液を洗い流すだろう。
 しかしいつまでも羽は乾かないだろう。

 外のケースを玄関の軒下に移した。ケースにいる以上、いずれにしても不自然な移ろいだが、雨がしのげればいくらかは蝶もらくなのではないか――自然の摂理を冒した男の浅はかな考えと実行だった。


P9292006.jpg



 午後も、小雨だけれど絶え間なく降った。
 さいきんとみに不規則な寝起きとなった男は、午後の二時になってひどい眠気に襲われた。
 この時間になってはもうきょうの羽化はないだろう。
 ほんのわずかな経験しか持たない、無知蒙昧な、根拠のない判断だった。
 毛布にくるまった。
 毛布にくるまって泣いている女…
 このごろ気になるそんな歌を耳によみがえらせつつ。

 小一時間ほどで目覚めた男はまたももくろみをそがれたのである。
 サナギにすがった生まれたての蝶は、ビンに差したホトトギスの葉の裏ですでに羽を十分に伸ばしていた。伸びたけれど、くっついたままの前翅、後翅、四枚の羽をたっぷり時間をかけて離れさせなければならない。

 そして5時間。あまりに長すぎるとおもわれるが、よる8時少し前になってようやくサナギにとりすがったまま羽をひらいた。羽をひらくとたちまち飛び立った。
 部屋の中だ。天井の蛍光灯では飛んでいくべき方向が定まらない。
 サッシをあけて夜の屋外へ追い出すべきか。
 
 羽化したてのアオスジアゲハは、とくにあすに希望があるわけでもない男と同宿することになった。男には見えないものかげで。


P9291997f.jpg



 玄関さきに一匹、部屋のなかにもう一匹。
 ルリタテハの家で、男は毛布にくるまって…べつに泣く理由もなく、泣きはしなかった。
 あすはさしあたって、蝶が飛び去るのをむなしく見送るだけだ。


ダウンダウンランキングダウンダウン
クリック投票感謝!七里クリックしていただけたら励みになります。七里

Posted on 2008/09/30 Tue. 15:46 [edit]

CM: 4
TB: --

0928

北浦川の吊橋  

kitaura25m_20080930061833.jpg




kitaura24.jpg





kitaura40.jpg

117s.jpgwwスライドをお楽しみください。
立て看板吊橋だけを見ていると山間の谷川にでも来た気分になりますが、はるか40キロ北に筑波嶺がのぞめるばかりの関東平野のいっかくです。
立て看板吊橋は一般の人も通行可能。ただ、ゴルフ場の一部で、ゴルフバッグを積んだカートに乗っている人の姿はどれも貧相な絵、と私の眼には映ります。このスライドには通行人B群としてほんのちょっとだけ現れます。また、これとわずか十数メートルはなれて並行する北浦川大橋という立派な橋があって、吊橋を眺めるために格好の橋、といったややうるさい構図になっています。ですから、写真は吊橋から下流をのぞむもののみ。堰は小貝川とつながる北浦川水門。
立て看板撮影は2008年6月。農業用水がさかんに水田をめぐる、水量がもっとも豊かな季節です。


ダウンダウンランキングダウンダウン
クリック投票感謝!七里クリックしていただけたら励みになります。七里

Posted on 2008/09/28 Sun. 18:49 [edit]

CM: 0
TB: --

0927

植物群は眠れない(重機のある風景)  

kohji920p2.jpg
photo 2008.9.19~20 龍ケ崎市 phrase:Sichi-Ri
いまや地球は宇宙のゴミだっぺな。
踏み固めるしかねえど。
さらに、蓋すっぺ。
蓋にはガッチリ、鍵。
これで二度とツラみねえですむ。

さて、おれたち、どっちさ、いぐ?


koji92033.jpg




koji92031.jpg




koji92030.jpg




koji92020b.jpg

117s.jpg


wwスライドをお楽しみください。4分25秒。
冒頭2コマ目に文字が入り、夕焼け空が最終のコマ。そのまま最初に戻ります。


ww工事現場のすぐそばを流れるのは、大正堀川。ここもすでにとおい昔から草も生えない護岸。
新規の道路はさらに、生きた自然を過去のものとして葬りつつ、川をまたいていくはずである。
…流れはやがて新利根川に合流…

ダウンダウンランキングダウンダウン
クリック投票感謝!七里クリックしていただけたら励みになります。七里


Posted on 2008/09/27 Sat. 10:38 [edit]

CM: 6
TB: --

0925

口吻 ルリタテハの場合  


photo 2008.9.24 龍ケ崎市自宅
羽化直後の撮影=右はしに見える茶色のものはサナギのぬけがら


ruri92423m.jpg




ruri92424m.jpg




ruri92425m.jpg



ruri92426m.jpg




ruri92427m.jpg




ruri92430m.jpg




ruri92431m.jpg

OLYMPUS E-510 35㎜3.5macro 1.4×teleconverter
焦点距離49㎜ F/6.3 1/160秒 測光モード=パターン 露出補正=0
 

ダウンダウンランキングダウンダウン
クリック投票感謝!七里クリックしていただけたら励みになります。七里

Posted on 2008/09/25 Thu. 16:57 [edit]

CM: 2
TB: --

0924

乱舞  


 ホトトギスの葉にぶらさがって1週間はすぎているルリタテハのサナギが、とつぜん回転し始めた。
 なにごとかと近づいてみると、ハエもしくは小さなアブが周囲を飛んでいる。
 サナギはこれを避けようとしているのだ。
 サナギ化したのちも一日、二日は触れると反応するのは知っていたが、それきりではかなかったのだ。

 P9241941.jpg


P9241940.jpg
カラダがほとんど水平になるまでに跳ねている

 サナギはおそらくいつでもねらわれているのだろうが、羽化の時期を知ってねらってくるものもあるのではないか、と推測している、素人考えで。
 カマキリなどは好んで幼虫を喰らうが。

 また、サナギのカラダをつなぎとめておく部分は、思いのほか強固。ある種の蝶のサナギでは強化ガラスみたいにつっぱっている。
 ちなみに、サナギはルリタテハのようにしり一点でぶらさがるもののほか、しりとあたまでものにくっつくもの、しりをものに接着し、カラダを糸の輪に体をくぐらせてもたれるもの、などなどの方法がある。

 羽化後のものをつかってこの糸が何グラムまで耐えられるものか試みたが…結果のほどは、何度か試みてからでないと…。



P9241947.jpg


P9241949.jpg
そのご、羽化がちかいと思われるので、ホトトギスの葉ごと容器に移した

動画は削除しました。2008.10.31

photo 2008.9.24 龍ケ崎市自宅庭


ダウンダウンランキングダウンダウン
クリック投票感謝!七里クリックしていただけたら励みになります。七里


Posted on 2008/09/24 Wed. 17:03 [edit]

CM: 6
TB: --

■とんぼやアルバム

とんぼやアルバム

■ごあんない

リ ン ク

HP『鰐組』

ブロとも申請フォーム

ランキング

RSSリンクの表示

▲Page top