とんぼや

オリジナル楽曲紹介、楽曲ジャケット、写真、そのほか

0226

屋根へ落ちた樹についての覚書  

817d3a.jpg

2月9日 日曜日


 雪の重みと折からの強風にあおられてか、クスノキの幹から枝が折れ、屋根に覆いかぶさった。

 県立高校の丘の木である。


 これはちょっとばかりおおごとではなかろうか。(わが陋屋にとっては、おおごとである)

 雨どいを支える金具の数が、通常の倍ほど使われている。
 この金具のひとつと、テレビアンテナを支える針金の一本が、樹の屋根への直撃を回避した。

 折れた根元の太さ、20センチはゆうに超えるだろう。
 これがアンテナを倒しもせず、スレート屋根を破壊することもなく、のしかかっている。


 9時過ぎ、防災係という、市役所庶務課へ電話。

 相手の受け答えの仕方で、状況がどうであれ、いかなる希望も持ってはならぬ、と理解。

 市内の様子を見に係りが出ています。お話があったことは伝えます。

 ろくに状況を聴きもしなければ、どこから電話をかけているか確認もしないのだ。
 この庶務課は口先だけの、仕事ともいえぬ、手ぬるい仕事をしているのである。


00090053m.jpg


2月10日 月曜日
 
 9時すぎに高校へ電話。

 高校の事務から年若いのが来て、様子を見、その後、ひとり、高校の用務員が折り畳み式ののこぎりなどをたずさえてやってきた。若者はどんな説明をしたのか、そんなのこぎりではきょう一日かけても片付かないだろう。

 無理でしょう、というと、先生方を連れてきます。それでも梯子を使って屋根へ上り、屋根の雪を落とし始めた。
 それからやっと、独りでの作業をあきらめたらしかった。

 晴れているし、午後まで待てば少しは雪も解けるだろう。
 こんな甘いことを言ったのが、まちがいだったかもしれぬ。


 雨どいがひしゃげているのを確認しておいてください。
 学校で、します。
 つまり、学校が責任をもって処置します、と受け止め、それは当然のことだろうと思ったのだが。



00090045m_201402250848165a1.jpg


 午後を待たず、用務員と教師と思しき二人が来て、チェーンソーを使い始めた。

 二人が屋根に上り、あらかじめ枝にロープをむすび、手頃な長さにチェーンソーで切っては屋根から降ろす。

 水槽のガラスを割った、といいに来たから、ちょっと慌てた。軒下に60センチの水槽を置いてある。
 あの水槽、使いますか、と変なことを訊く。
 魚が入ってるんですよ。
 え? と意外そうな声を出す。

 割ったのは水槽そのものではなく、ガラスの蓋だ。
 ご丁寧に2枚とも割れている。
 割ってしまったものは仕方がない。

 木をおろすのに1時間ぐらいかかったか。
 前の駐車場を一時拝借することとして、そこへ切り分けた枝を積み上げた。


 きょうは道がこんなですから、水曜か木曜、片づけに来ます、と用務員は言った。

 かれらは、おがくずを屋根に残したまま立ち去った。
 お気楽な後始末である。




00090047m_201402250848141a6.jpg




00090051m.jpg


 雨どいを直しには来なかった。
 たいしたことはない、と見たのか。たしかに、大騒ぎするほどのことではない。

 しかし、これでけじめはついたと思われては、はなはだ迷惑である。


 人が負ったかすり傷なら、ほおっておいても治るかもしれない。 
 しかし雨どいのかすり傷は、ほおっておけばそこから雨どいが傷みはじめるだろう。

 
 じつは、2、3年前、屋根にかかっている枝を切ってほしいと、学校に依頼している。

 これらの伐採は県(茨城)の仕事である。
 県は、依頼を聞き入れなかった。

 なにもしなかったのではなくて、造園業者を入れて、きわめて体裁ばかりの、あたりの低木を伐ってすませたのである。

 
 被害が出てからでないと、動かないつもりか。

 学校ともども、ひとをコケにした話である。



00090050m.jpg




00090048m_20140225084813a9b.jpg




00090046m_201402250848154aa.jpg







00090052m.jpg
▲折れた箇所


▼チェーンソーとロープを使っての作業(2月10日)
211HDR.jpg


#茨城県 #龍ケ崎市 #高等学校

Posted on 2014/02/26 Wed. 18:13 [edit]

CM: 0
TB: --

0217

雪んなか ~東京だってピンチというのに~  

茨城県龍ケ崎市 2月5日~12日

龍ケ崎でも立木が折れたり

県立龍ケ崎一高の大きな枝が

民家の屋根を直撃したりしているけれど…



IMG_0217m.jpg


205.jpg


IMG_0213.jpg


IMG_0215.jpg


00120087m.jpg


209-9-19.jpg
▲2月9日9時19分



東京だってピンチ!

★Twitterより

宮根誠司氏「東京にとっても今回の大雪は災害だと思うんですけど」舛添要一氏「う~ん、だけど40何年かぶりなんで、雪国から見ると(東京の雪なんて)笑っちゃうくらいのことなんです。(雪なんて)一日で終わる話ですから」(フジテレビ「Mr.サンデー」2月9日)きっこ ‏@kikko_no_blog

事の重大さに気付いていないのではないかと思ってしまう。東京には大した降雪量でなくても、全国から生活物資が東京へ長距離トラックで毎日運ばれて来るが、スーパーの棚はガラガラになっている。東京だって生活のピンチ、山奥の僻地になる事だってあり得るのです。Blue Sky Tokyo ‏@blueskytokyo



#龍ケ崎市

Posted on 2014/02/17 Mon. 06:37 [edit]

CM: 0
TB: --

0210

YUKI  

00090069mk.jpg


00090070mk.jpg


00090071mk.jpg


00090072mk.jpg


00090073mk.jpg


00090074mk.jpg

2014.2.9 Ryugasaki City ちいさな、ちいさな畑地で。

Posted on 2014/02/10 Mon. 17:30 [edit]

CM: 0
TB: --

■とんぼやアルバム

とんぼやアルバム

■ごあんない

リ ン ク

HP『鰐組』

ブロとも申請フォーム

ランキング

RSSリンクの表示

▲Page top