歌詞『だれかがきみを「そら」と呼んだ』

そら

夏の陽ざかり おさないきみは
どうしてはらをたてていたのだろう
深くかぶったムギワラ帽子
かなぐり捨てた あぜのみち
まるで男の子みたいに。
 だれかがさけぶ 「そら」「そら」と
 きみは立ちどまる 午後のひかり まばゆい中に
 きみのなまえは「そら」だよね わかりやすい
 だってきみって だれよりもすましてさ
 しらんぷりをしてるからね。


水のあおより つゆくさのあお
夏空よりもさらに澄んだあお
「わたしのなまえは、そらじゃない」と
言い張るようにそっぽむく
怒り 悲しみも あざやか。
 だれかが呼んだ 「そら」「そら」と
 こぶしこしらえて さおの先のトンボのように
 きみはなにやら見えぬもの にらみつける
 「熱を出しても 知らないよ きかんぼさん
 帽子 はやくかぶりなさい!」


くちをとがらせ ほほふくらませ
天使と魔女が肩を組んでいる
あせものうなじを赤くして
いばってみても やっぱりね
きみはあどけない子どもさ。
 「そら」「そら」「そら」と呼ぶ声が
 風にふくらんで あおば並木 すみれの岸辺
 モミジイチゴの丘までも 飛んでいくね
 呼んでいるのは なまえをきみにつけたひと
 ほらね 愛の 熱い翼。

 「そら」が 空を飛んでいく
 「そら」よ 高く飛んでいけ

nezumi.gif
どなたか、曲をつけてくださるかたは、おられませんか?
ことばが多いので、アップテンポで、なるべく単純なのがいいですね。むずかしいでしょうが。

関連記事

コメント

非公開コメント

■とんぼやアルバム

アルバム一覧はこちら

とんぼやアルバム

ランキング


HP『鰐組』

●DTMオリジナル曲、インスト、ポップス、フォークソング、テクノ演歌などMP3配信。写真、詩のほか。『鰐組』はこちら

SichiRi

Author:SichiRi