ニュー・フォーク『おわり岬』インスト版 歌詞付



無意味なことを意味あるふりで
生きてたぼくでも きみへの思い
ひたすらだった うそではなかったよ
 ああ 風の右手 クルクルまわし
 雲に告げた 「さようなら」は
あわい夢の おわり岬

レモンが似合う無邪気なきみと
楽しくすごした みじかい日々が
ぼくにはきっと励みになるだろう
 ああ 青い海をただようさまに
 白い雲のにじむままに
ゆれてむせぶ おわり岬

軽くはないが 重たくもなく
心のかたすみ おもいで小函
きみにもいつか宝になるように
 ああ 船の影が陽射しに溶けて
 ひとりめぐる おわり岬
あるきだせば はじめ岬


 ああ 船の影が陽射しに溶けて
 ひとりめぐる おわり岬
あるきだせば はじめ岬
関連記事

コメント

非公開コメント

■とんぼやアルバム

アルバム一覧はこちら

とんぼやアルバム

ランキング


HP『鰐組』

●DTMオリジナル曲、インスト、ポップス、フォークソング、テクノ演歌などMP3配信。写真、詩のほか。『鰐組』はこちら

SichiRi

Author:SichiRi