「きみの故郷はいま」仮歌&歌詞

◆曲はこちらでお聴きください。

作詞・作曲・編曲/七里

きみの故郷はいま


きみのふるさとは いまごろ雪か
町へ渡る赤い橋も
わた雪帽子 かぶっているか
 枯れてうつろな都会で
 ぼくはひとりなつかしむ きみの笑顔
 しあわせつづり 途中で終えた
 恋の物語 いまもきみを
 あたためているといいな


きみはつつがなく暮らしているか
いまはだれと『雪の夜』を
唄っているか 微笑みあって
 夢を追いかけ 追われて
 走り続け 息切らし ぼくは暮らす
 きみとの恋は 色あせないで
 思い出すたびに心ふるえ
 立ちつくす 涙こらえ


きみは雪道に足跡つけて
どこへ行くの 後ろ姿
きみの名呼んで夢から覚めた
 雪をさくさく踏む音
 聞こえそうで ひざを抱く 耳を澄ます
 あの日の誓い あしたへつなぎ
 恋の物語 閉じて きみの
 おもかげをひとつ ともす


関連記事

コメント

非公開コメント

■とんぼやアルバム

アルバム一覧はこちら

とんぼやアルバム

ランキング


HP『鰐組』

●DTMオリジナル曲、インスト、ポップス、フォークソング、テクノ演歌などMP3配信。写真、詩のほか。『鰐組』はこちら

SichiRi

Author:SichiRi