冗談をひとつといいながら ひげをさらしてまた泣いた『たまねぎえれじぃ』インスト新曲



■HP『鰐組』で計100曲ほどのオリジナル曲を公開しています。こちらへどうぞ。


作詞:仲山 清 作曲:島田良彦
tamanegiE.jpg


たまねぎ 泣いた
ひとを泣かせて また泣いた

声をころして ひとはかたる
ふかいかなしみを
  じょうだんをひとつといいながら
  ひげをさらしてまた泣いた
あの世はあの世 いきていればこそ
たまねぎは しずかにきざまれる


たまねぎ 泣いた
ひとを泣かせて また泣いた

のどを刺すよな やせた月を
雲がかくす宵
  灯明をともして ゆらゆらと
  かたをゆらしてすすり泣き
ころげていけば どこへ行き着くか 
たまねぎは 親しくきざまれる


たまねぎ 泣いた
ひとを泣かせて また泣いた

いきる理由をもとめながら
きょうを あすからを
  まっさおなほらあな のぞくよな
  からの椅子みてまた泣いた
朝告げ鳥のこえをききながら
たまねぎは やさしくきざまれる

関連記事

コメント

非公開コメント

■とんぼやアルバム

アルバム一覧はこちら

とんぼやアルバム

ランキング


HP『鰐組』

●DTMオリジナル曲、インスト、ポップス、フォークソング、テクノ演歌などMP3配信。写真、詩のほか。『鰐組』はこちら

SichiRi

Author:SichiRi